埼玉県蕨市・川口市:帰化申請、就労ビザ、在留資格・ビザ申請

わらび南行政書士事務所

〒335-0003 埼玉県蕨市南町3丁目24-2 ライオンズマンション西川口第八308号
西川口駅西口から徒歩5分

営業時間
10:00〜20:00
休業日
日曜・祝日

電話でのお問合わせ・ご相談

048-229-7308

町工場の抱える問題を解決

町工場の抱える問題や現状を自ら見てきた経験から、それらを社長様方と共有しながら解決する方法を探していきます。

経営者や労働者の高齢化、人材不足は加速しています。町工場の勤務経験は5年弱ではありますが、問題の経緯を把握するには充分であったと考えています。まずはこれまでで交流のあった町工場の社長様や従業員の方などから情報をリサーチし、問題を正確にあぶり出し、的確に解決していきます。

社長様方を集めて勉強会を開催し、忌憚のない意見などを頂戴しながらそれらをデータベースとして構築していきたいと思っています。

懐の深い接客

私は52歳という年齢です。

日本語学校や専門学校、あるいは母国の大学等で学んだ後、日本の企業で働きたいという外国人留学生の方々にとって、相談相手として自分と年齢が近い兄のような行政書士に相談するというのも一つの選択肢にはなりますが、もう少し年の離れた年配の方が、いろいろ話も打ち明けやすいのではないでしょうか?

士業とはいえ殿様商売が成立するほど甘いものではありません。父とまでは言わないまでも、「この人だったら安心して話せるな」、「依頼してもいいかな」と思ってもらえるような懐の深い接客をモットーにします。

町工場の社長様にしてみても70代、80代の大ベテランにとっては50代はまだまだ若造かもしれませんが、それでも若い行政書士と比較すれば、体感で社長様方の考えを共有できるものと考えています。

丁寧なヒアリング

先に述べたことと重複しますが、在留資格の更新、変更許可申請が不調に終わって駆け込んでくる外国人の方は申告内容が不十分であった場合が多いと思われます。

大事なのは当然その不十分だった部分を埋めることに尽きますが、それを引き出すのは容易ではないかもしれません。ただこちらの姿勢としては終始事務的というのではなく、外国人の方が話しやすい空気を作ってあげる必要があると思います。

ときに時間を浪費することもあるかもしれませんが、じっくり話を聞くことが結果的に外国人の方にとってハッピーを提供することになるものと考えています。

就職が絡む場合などは、雇用主となる方のヒアリングも慎重に実施し、雇用形態の再検討など申請許可が下りやすい方法を模索していきます。

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当事務所のサービスについてご紹介しております。

事務所概要

当事務所の概要とアクセスマップを掲載しております。