埼玉県蕨市・川口市:帰化申請、就労ビザ、在留資格・ビザ申請

わらび南行政書士事務所

〒335-0003 埼玉県蕨市南町3丁目24-2 ライオンズマンション西川口第八308号
西川口駅西口から徒歩5分

営業時間
9:00〜18:00
休業日
日曜・祝日

電話でのお問合わせ・ご相談

048-229-7308

外国人夫婦に子どもが生まれた場合に必要な手続きとは?

日本で生活をしている外国人は、なにかしらの在留資格を持っています。外国人夫婦の間で子どもが生まれた場合、その子どもは在留資格を持たないため決められた期間までに申請する必要があります。

こちらでは、そのような時の申請について説明しています。

生後30日以内に申請を

生後30日以内に申請を

日本で生活をしている外国人夫婦の間に子どもが生まれた場合、生後30日以内に申請を行ってください。これを過ぎるとオーバーステイとなってしまいます。

しかし、出産前に来日し、そのまま日本で出産はしたものの日本には定着せず母国へ帰国するという場合には、この手続きは必要がありません。生まれた日から60日間はそのままの状態で、日本で生活をすることが可能です。

申請の流れ

出生届を提出

子どもが生まれたら、まずは区市町村役場に出生届を提出して出生届受理証明書を取得します。生まれた日を1日目と数えて、14日以内に提出しましょう。

子どもの国籍国である在日大使館(領事館)で出生届およびパスポートを発行

こちらは、在留資格取得申請の後でも問題ありません。

在留資格取得申請をする

在留資格取得許可申請書・出生届受理証明書・質問書・身元保証書・父母および子どもの住民票・子どものパスポート(ある場合)を用意し、居住地を管轄する地方入国管理官署へ提出します。

付与される在留資格

付与される在留資格

子どもの在留資格は、両親の在留資格によって決定されます。例えば親が「留学」の資格を有している場合、子は「家族滞在」の資格を得ることになります。

また、両親のどちらかが永住者である場合、在留資格許可申請ではなく永住許可申請を行います。30日を過ぎて申請してしまうと、原則として永住者の取得が許可されないため、永住許可申請を行う際は必ず出生から30日以内に申請するようご注意ください。

在留資格の許可申請を行政書士に依頼しようとお考えの方は、わらび南行政書士事務所をご利用ください。「この人だったら安心して話せる」「依頼してもいいかな」と思ってもらえるような懐の深い接客をモットーに、在留資格取得許可申請・在留期間更新許可申請・在留資格認定証明書交付申請などを行っています。

平日は忙しいという方のため、土日もご相談を受け付けていますので、在留資格の申請にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

川口市で外国人雇用に関するサポートをするわらび南行政書士事務所

事務所名 わらび南行政書士事務所
代表者 南 大輔(MINAMI DAISUKE)
住所

〒335-0003

埼玉県蕨市南町3丁目24−2 ライオンズマンション西川口第八308号

電話番号 048-229-7308
FAX番号 048-229-7508
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日
主なサービス

行政書士業務

・帰化許可申請(KIKA)

・在留資格認定証明書交付申請(NINTEI)

・在留資格変更許可申請(HENKO)

・在留期間更新許可申請(KOSHIN)

・永住許可申請(EIJU)

・在留資格取得許可申請(SHUTOKU)

・資格外活動許可申請(SHIKAKUGAIKATSUDO)

・再入国許可申請(SAINYUKOKU)

・建設業許可申請

・宅建業免許申請

URL https://www.warabi-minami.jp/

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当事務所のサービスについてご紹介しております。

事務所概要

当事務所の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問合せはこちら

わらび南行政書士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

048-229-7308

受付時間:9:00〜18:00(日祝を除く)